胸のニキビ跡

胸にできたニキビ跡は、とても気になります。
胸のニキビ跡の原因や治療法などを詳しくまとめました。

胸のニキビ跡

胸のニキビは、背中のニキビと同じくらいに発症頻度の高い体のニキビ。ニキビ跡が残ってしまうと、デコルテを強調したい季節になっても、存分にファッションを楽しむことができませんよね。ここでは、胸のニキビ跡の特徴や治療法などについて詳しく解説しているので、お悩みの方はぜひ参考にしてください。

胸のニキビ跡の特徴

胸にできるニキビ跡は、主に、しこり(ケロイド)と色素沈着(シミ)という2つの症状として現れます。これら2つのうち、特に首に現れやすい症状が、しこり(ケロイド)です。

しこり(ケロイド)

首にしこり(ケロイド)状のニキビ跡ができる原因は、ニキビが同じ場所に繰り返し発症してしまったこと。また、体質的な問題もあるとされています。セルフケアで改善させることは難しい症状なので、皮膚科や美容皮膚科で治療してもらうことになるでしょう。

色素沈着(シミ)

色素沈着(シミ)ができる原因は、肌のターンオーバーの乱れ。ターンオーバーが乱れることで皮膚の表面が厚くなり、ニキビ跡の色素を消えにくくなります。こちらの症状も、やはり皮膚科や美容皮膚科のお世話になるべきでしょう。

胸にニキビができる原因

胸にできるニキビの原因は、大きく分けて2つ。1つめがアクネ菌の繁殖、2つめがマラセチア真菌の繁殖です。

アクネ菌の繁殖

アクネ菌は、ニキビの原因となる代表的な菌。顔にできるニキビの原因の大半はアクネ菌で、皮脂や古い角質などで詰まった毛穴の中で繁殖します。胸にも毛穴があり、皮脂があり、角質がある以上は、アクネ菌が胸ニキビの原因になることもあります。

マラセチア真菌の繁殖

胸ニキビの原因の大半は、アクネ菌ではなく、こちらのマラセチア真菌。湿気や皮脂を好む菌のため、汗をたくさんかいた時などに繁殖しやすいとされています。ちなみ、にマラセチア真菌を原因とするニキビは「マラセチア毛包炎」とも呼ばれ、アクネ菌を原因とするニキビとは区別されます。

胸のニキビ跡の治療方法

胸のニキビ跡をセルフケアで治そうとしても、なかなかうまく行きません。皮膚科や美容皮膚科で、以下のような施術を受けることをお勧めします。

しこり(ケロイド)の治療法

症状の程度が著しい場合には、外科手術で切除するしかないかも知れません。そこまでの症状でなければ、レーザー治療や光治療、液体窒素療法、圧迫療法、ステロイド外用薬、トラニスト内服薬などで改善することがあります。

色素沈着(シミ)の治療法

症状の特徴や程度に応じて、レーザーやフォトフェイシャルによる光治療、ケミカルピーリング、ビタミンCイオン導入、ビタミンC内服薬、ハイドロキノン外用薬などを用いて治療します。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法