頬のニキビ跡

頬に目立ったニキビ跡ができる原因と特徴、
ケア方法などをまとめています。

頬のニキビ跡

ここでは頬にできてしまったニキビ跡について、原因や外見上の特徴、できた際の治療法やセルフケア方法をまとめています。ニキビが繰り返しできる方や、黒ずみ・くすみとしてニキビ跡が目立ち始めた方は、ぜひケアの参考にしてみてください。

頬にできるニキビ跡の特徴

赤みのあるニキビ跡、クレーター型、色素沈着型の3種類

化膿しやすい頬のニキビはケアが大切
頬のニキビの原因となるのは、ホルモンバランスの乱れ。生理周期、ストレス、生活習慣が主な原因です。これらはニキビ悪化の原因でもあるので、放置すると炎症が悪化して、クレーターができてしまう可能性も。

頬にできるニキビ跡の原因

ニキビ跡は白ニキビや黒ニキビなど症状が軽いニキビでは発生しにくいもの。このニキビが化膿し、炎症を起こした結果赤ニキビや黄ニキビになると、肌の奥深くまでダメージが進行し、ニキビが治ったとしても跡が残るリスクが高くなります。
頬はホルモンバランスの影響を直に受ける部位で、生理前やストレス、生活習慣の乱れによって肌代謝が悪くなります。ニキビが進行する原因はホルモンバランスの乱れや乾燥が主になるので、この状態を放っておくと炎症が悪化し、健康な細胞までダメージを負う事態に。クレーター状のニキビ跡や赤みを伴うニキビ跡になってしまいます。

頬にできるニキビ跡の治療法

ケミカルピーリング

肌にピーリング剤を塗ることで、古くなった角質を除去し、肌の代謝を高める治療法です。

フラクセルレーザー

顔に直接レーザーを当てて肌内部のコラーゲンを増殖させることで、肌代謝を促す治療法です。陥没したニキビ跡を埋めてくれるので、クレーター上のニキビ跡に効果的です。

フォトフェイシャル

顔全体に柔らかい波長の光を当てる治療法。局所的な治療法というよりは、全体の赤みや黒ずみに働きかけていくので、軽度のニキビ跡を改善するのに向いている治療法です。

頬にできるニキビ跡のセルフケア方法

肌の負担が少ないスキンケアを行う

頬のニキビ跡を悪化させないために、洗浄力がマイルドな洗顔料や敏感肌用のスキンケア化粧品を選んで使うようにしましょう。特にニキビができた肌は少しの刺激にも敏感な状態になっています。洗浄力の強い洗顔料や、肌の引きしめ効果が強い化粧水を使うと強い刺激になり、皮脂を落としすぎる原因にも。なるべく刺激を与えないように意識をもってケアすることが大切です。

乾燥を防ぐ

肌の乾燥は新しいニキビの発生だけでなく、できてしまったニキビの悪化につながります。跡を残す原因にしないためにも乾燥の対策は徹底しましょう。肌に含まれる水分と油分とのバランスを保つことで肌は健やかな状態を保てるので、乾燥が気になる際にはすぐに保湿するよう心がけてください。高保湿の化粧水や抗炎症作用を持つ成分を配合した化粧水を使用するとよいでしょう。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法