顎のニキビ跡

顎・フェイスラインにニキビ跡ができる原因、治療方法や、
ケア方法について調査しました。

顎のニキビ跡

顎はニキビができやすい部位で、フェイスラインや唇の下までニキビが及ぶこともあります。

ここでは、顎からフェイスラインなどにかけてできるニキビとニキビ跡について、発生原因や治療方法、ケア方法について詳しくまとめています。

顎にできるニキビ跡の特徴

硬いしこり型や色素沈着型、クレーターなど

同じ場所に繰り返すことでニキビ跡が発生
顎にできるニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレス、生活習慣などが原因。一旦ニキビができてしまうと繰り返すことも多く、摩擦によって炎症がひどくなり、ニキビ跡として残ることもあります。

顎にニキビ跡ができる原因

顎から首、またはフェイスラインにかけてできるニキビは、基本的に皮脂の分泌量が少ないため、ニキビができても治りが比較的早いのが特徴です。

しかしホルモンバランスの乱れなどによってニキビが繰り返しできるようになると、治ってもまた次のニキビが現れます。消失した後すぐにまた同じ場所にできるといったサイクルを繰り返すため、治りが遅くなります。

このようなサイクルによってニキビが色素沈着などを起こすと、ニキビ跡として残ってしまいます。

ニキビ跡はマスクや頬杖による摩擦、爪などによる掻きこすりによっても発生します。ニキビを潰してしまう、肌に刺激を与えるなどするとニキビ跡になりやすいため、注意が必要です。

顎のニキビ跡の治療法

ここでは顎のニキビ跡に有効な治療方法をまとめています。

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは代表的なニキビ跡の治療方法です。皮膚に特殊なピーリング剤を塗り、表皮を剥がして新しい皮膚へと入れ替えます。

使用する薬剤にはコラーゲンの産生を促す成分が含まれているため、肌へのダメージを最小限にして、ニキビ跡を薄くしていきます。

レーザー治療

ニキビ跡の中には凹凸を伴うものもあります。レーザー治療は皮膚の組織を人為的に破壊することで、肌の自然治癒能力を高めていきます。そして新陳代謝を活発にして、新しい皮膚の再生を促進します。

顎のニキビ跡のセルフケア方法

肌に必要な栄養を摂取して生活習慣を整える

ニキビができる原因としては、ホルモンバランスの乱れや生活習慣の問題などが関わっています。

まれに遺伝的な原因によってニキビができやすい方もいますが、まずはバランスのとれた生活と食事を心掛け、肌の入れ替えに必要なビタミン類を摂取し、油分の多い食事を控えましょう。お肌の入れ替えに必要な睡眠も、たっぷりととりましょう。

肌への刺激を避ける

顎からフェイスラインにかけて、ついニキビが気になって触る、掻きこすってしまう人も多いかもしれません。

このような刺激は肌にとって悪影響なだけでなく、ニキビ跡を残す原因にもなります。洗顔料でこまめに患部を洗浄し、ニキビに影響を与えない低刺激の化粧水などをつけて、しっかりと保湿をしていきましょう。

乾燥を予防する

ニキビは皮脂の分泌によって起きる肌のトラブルですが、肌の乾燥もかえってニキビには悪影響とされています。

ニキビができている部位には、ビタミンCなどを配合したさっぱり系の化粧水などで保湿を行うようにします。

ただし油分の多いクリームや美容液などは、ニキビができている部位には使わないようにしましょう。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法