栄養不足

オトナニキビの原因の一つ、
栄養不足について詳しく解説します。

オトナニキビの原因5 栄養不足

オトナニキビの主な原因に、新陳代謝の低下やホルモンバランスの変化がありますが、これらを自分の意志や努力で改善させることは困難です。その一方で、同じくオトナニキビの主な原因である栄養不足は、自分の意志で改善できる大事な項目。栄養不足に陥らないよう、改めて日頃の食生活を見直してみてください。ここでは、栄養不足とオトナニキビとの関係について、栄養不足に陥らないための方法にも触れながら、詳しく解説していきます。

栄養不足がニキビ跡の原因になる理由

ニキビの直接的な原因は、毛穴の詰まり。毛穴が詰まる理由には、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの低下など、いくつかの原因がありますが、それらの原因の多くに食事が絡んでいることを再確認してください。

脂っぽいものを食べれば、翌日、顔がオイリーになりませんか?ビタミンCが不足すると、肌の調子が悪くなりませんか?食事から得られる栄養素は、肌の状態、ひいてはオトナニキビと大きく関連しているのです。特に、以下の栄養素が不足するとオトナニキビが発症しやすくなるので、普段の食生活では十分に意識してください。

ビタミンB群

ビタミンB2、B3、B5、B6は、いずれも肌のターンオーバーをサポートする重要な成分。ビタミンB1やB12も、肌のターンオーバーに必要な血液を運搬するために欠かせない成分です。オトナニキビと栄養との関係においては、まずビタミンB群の不足を補うことから始めてください。

ビタミンC

ビタミンCは、強い抗酸化作用を持つ成分。ニキビの炎症を抑えたり、肌のターンオーバーを促したりする働きがあります。

ビタミンE

ビタミンEもまた、ビタミンCと同じく強い抗酸化作用で知られる成分。血行促進効果もあるなど、肌のターンオーバーを様々な面から支えます。

ビタミンA

皮膚や粘膜の働きを改善する働きがあります。免疫力を高める働きもあるため、アクネ菌の繁殖を抑えたり、炎症を鎮めたりする効果も期待できます。

食物繊維

食物繊維を摂って腸内環境を良くすることで、全身の自律神経の働きが改善したり、免疫力が高まったりします。腸内環境と肌との関係は、「便秘になると肌トラブルが多くなる」という経験則からもイメージできるでしょう。

栄養不足に陥ってしまう例とは?

栄養不足に陥る主な例は、栄養バランスの偏った食事と、過度なダイエットです。逆に、それ以外の理由で栄養不足に陥ることは、ほとんどありません。

栄養バランスの偏った食事

食事は十分に摂っていても、栄養のバランスが悪いと、オトナニキビが発症する恐れがあります。特に注意したいのは、外食の多い人。レストランなどに入ると、当然ですが、自分が食べたいものを注文します。食べたくないものを注文する人は、いないでしょう。だからこそ、結果として同じ傾向の栄養素に偏ってしまいます。外食の多い人に限らず、自炊の習慣がない人は同様に注意してください。

過度なダイエット

過度なダイエットをすると、全体的に栄養の摂取量が減ってしまいます。オトナニキビにも、間違いなく影響を与えてくるでしょう。ダイエットを実践する際には、急激な食事制限を避けてください。ゆっくりと体重を減らすイメージを持ちつつ、食事を減らした分についてはサプリメントなどで必要な栄養素を補いましょう。

栄養不足に陥らないようにするためには?

オトナニキビを予防・解消するために、以下では、積極的に摂るべき食材と、過剰な摂取を控えたい食材とをご紹介します。

積極的に摂るべき食材

ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、食物繊維を多く含む食材を積極的に摂りましょう。具体的には、次のような食材です。

・ビタミンB群
マグロ、カツオ、レバー、豚肉、納豆、卵、バナナ、ほうれん草、落花生、など

・ビタミンC
アセロラジュース、パセリ、ピーマン、ブロッコリー、イチゴ、キウイなど

・ビタミンE
アーモンド、鮎、大豆、マーガリン、落花生、モロヘイヤ、ピーマンなど

・ビタミンA
鶏レバー、豚レバー、牛レバー、うなぎ、ほたるいか、しそ、モロヘイヤ、ニンジンなど

・食物繊維
インゲンマメ、あずき、おから、よもぎ、しそ、大豆、パセリ、納豆、くり、ゴボウなど

過剰な摂取を控えるべき食材

糖分の多い食材、アルコール、辛いもの、脂の多いものなどは、オトナニキビの発症を助長してしまう恐れがあるので、過剰に摂取することは控えましょう。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法