間違ったスキンケア

このページでは、オトナニキビの原因の一つとして、
間違ったスキンケアについて解説しています。

オトナニキビの原因6 間違ったスキンケア

「肌の清潔を保つこと」と「肌の保湿を心がけること」は、オトナニキビを予防・解消するうえでの基本動作。どちらが欠けていても、オトナニキビを招いてしまうリスクがあります。しかしながら、肌の清潔を保ちながら保湿をしていくことは、簡単なようでいて簡単ではありません。結果、自分では気付かずに間違ったスキンケアを行なってしまい、残念なオトナニキビを招いてしまうこともしばしば。ここでは、間違ったスキンケアとオトナニキビとの関係について、詳しく解説します。

間違ったスキンケアがニキビ跡の原因になる理由

間違ったスキンケアを習慣にしていると、徐々に肌は乾燥していきます。乾燥肌はオトナニキビの代表的な原因の一つ。正しいスキンケアを実践して、肌を乾燥から守っていきましょう。以下、乾燥肌がオトナニキビを招くメカニズムを確認します。

乾燥肌の内部では皮脂が過剰に分泌されている

間違ったスキンケアや保湿ケアの不足などによって肌が乾燥すると、肌表面のバリア機能が低下します。バリア機能が低下すると、外部からの刺激から肌を守るために、肌は皮脂を過剰に分泌。この皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖し、炎症が発生してオトナニキビとなります。皮脂の過剰分泌と聞くと、いわゆるオイリー肌をイメージします。しかし実際には、そのまったく逆に見える乾燥肌においても、肌の内部では皮脂が過剰に分泌されている、ということを覚えておきましょう。

間違ったスキンケアによって乾燥肌になる例は?

以下のようなスキンケアが習慣となっている人は、すでに乾燥肌が進んでいるかも知れません。それぞれ確認してみてください。

一日に何度も洗顔をしている

肌を常に清潔に保つことは、オトナニキビを予防するうえで大切なことです。しかし中には、過剰に顔を洗いすぎて乾燥肌を招き、逆に皮脂の分泌量を増やしている人も見られます。

洗浄力の強い洗顔料などを使用している

洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジングは、肌に必要な皮脂をも根こそぎ洗い流してしまいます。肌には、常に一定量の皮脂が必要。すべてを洗い流してしまうと、逆に皮脂の分泌を誘発してしまうことになります。

顔をこすり過ぎている

クレンジングや洗顔をするときに、肌を何度も繰り返しこする人がいます。こすり過ぎは乾燥肌を招く大きな要因。皮脂の分泌を助長し、オトナニキビを招く可能性があります。

脂取り紙を使い過ぎている

脂取り紙は、顔のテカリを取る必須アイテムですが、必要以上に使うのは問題。肌に必要な皮脂をも取り除いてしまい、何度も皮脂の分泌が繰り返されてしまいます。

間違ったスキンケアによる乾燥肌を防ぐには?

間違ったスキンケアによる乾燥を防ぐため、以下の3点を確認しておきましょう。

一定量の皮脂を残すことを意識する

肌を清潔にすることがニキビ予防の基本とは言え、清潔にし過ぎると肌は乾燥します。乾燥肌はオトナニキビの大敵。顔を洗いすぎず、かつ刺激の強い洗顔料等を避け、常に一定量の皮脂が残っているイメージで洗顔を終えるようにしましょう。

常に肌の保湿を心がける

洗顔後、少しでも早く保湿ケアをしてください。特に入浴後の体が温まった状態のときには、お風呂から出ると急激に肌の水分が蒸発します。「お風呂から出て1分以内」に、十分な保湿ケアをすることが大切です。もちろん、お風呂上がりだけではなく、終日、肌が乾燥しなようケアを行ないましょう。

できてしまったニキビには刺激を与えない

ニキビは、外部からの刺激によって症状が悪化することがあります。よって、万が一、オトナニキビができてしまった場合には、直接触れたりなどの刺激を与えないようにしてください。洗顔のときも、ニキビを強くこすったりしないようにしましょう。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法