薬で改善!ニキビ跡対策を紹介

なかなか治らないニキビ跡は、薬で改善できるのをご存知でしょうか?
市販で買える薬の種類やクリニックで処方してもらえる薬を紹介します。

ニキビ跡対策7 薬

肌に炎症が起きたり、傷がついたりなどして引き起こされる、ニキビ跡。同じ箇所にニキビができると次第にダメージが深くなり皮膚深部の組織を壊してしまうため、ニキビが治っても跡が残ってしまうのです。そんなニキビ跡は、薬を使用することで目立たなくできるのをご存知ですか?ニキビ跡の薬はドラッグストアで買えるものからクリニックに行かなければ手に入らないものまで、数多くの種類があります。しかし、薬を使用して改善できるのは「赤みのあるタイプ」と「色素沈着しているタイプ」のみです。

女性のイラスト

クレーターやケロイドのようになったニキビ跡は組織自体がヘコんでしまっているので、薬で改善することはできません。ひどいニキビ跡は専門的な治療を必要としているので、クリニックでの治療が必要です。

軽度のニキビ跡なら市販の薬、クリニック処方する薬で改善する可能性は十分にあります。どんな薬があるのかチェックしてみましょう。

ニキビ跡のタイプ毎に治す

ニキビ跡は「赤みのあるタイプ」や「色素沈着するタイプ」、「デコボコができるタイプ」の3種類。ここでは、タイプ毎のニキビ跡の治し方をご紹介します。

赤みのあるタイプ

赤みのあるニキビ跡は、ニキビは治ったけれど、ニキビが炎症を起こしたときの赤みが残ってしまった状態。表面がぐじゅぐじゅしておらず、症状そのものは軽く見えるのが特徴です。そのため、ニキビが治ったように錯覚しがちなのがこのタイプのやっかいなところ。実は赤みのあるニキビ跡は放置しておくと炎症が進み、どんどん悪化してしまいます。肌の内部にまでダメージが進むため、早めの対処が必要です。

赤みのあるニキビ跡を早く治すにはビタミンCを良く摂ることが大切。ビタミンCを摂ることで皮膚の新陳代謝である肌のターンオーバーを促すことができるのです。また、イオン導入の美顔器を使用するのも良いでしょう。ビタミンCを効率的に肌の奥に届けることができますよ。

色素沈着するタイプ

色素沈着したニキビ跡は、赤みのあるニキビ跡が悪化し、変色してまだらにシミができてしまった状態。赤みのあるニキビ後と比べて色が濃いため、ファンデーションや化粧で隠すのが難しいのが特徴です。色素沈着したニキビ跡には段階があり、赤身のあるニキビ跡から徐々に紫色に、そこから茶色のシミへと順を追って変色します。

紫色のニキビ跡は、肌の一番表側の表皮が炎症を起こしている状態。赤みのあるニキビ跡と同様、肌のターンオーバーを促すためにビタミンCを摂るのが有効です。また、ビタミンC誘導体の化粧水を使うのも良いでしょう。

茶色のニキビ跡には、美白効果のある化粧水や美容液がおすすめ。茶色になっている原因がシミやそばかすと同じメラニン色素であるため、シミやそばかすに有効な成分を含む化粧水や美容液を使用すると効果的です。ただ、シミの色が茶色くなってしまうと色素沈着がかなり進んでいるため、シミやアザのように消すのに時間がかかってしまいます。そのため、なるべく早めに対処することが大切です。また、日焼けやシミと同じように、ニキビ跡にとってもメラニンは大敵。肌に色素が定着しないように、紫外線対策も同時に行うようにしましょう。

デコボコができるタイプ

デコボコのあるニキビ跡は、最も悪化してしまった状態。赤みのあるタイプや色素沈着するタイプと異なり、肌の表面がデコボコしているので、ファンデーションや化粧で隠すのが大変です。肌の内側にダメージを受けている状態ですので、治すのは簡単ではありませんが、しっかりと取り組めば治癒も不可能ではありません。

デコボコのあるニキビ跡には、肌の表面をピーリングではがし、新しい皮膚組織をつくってデコボコをなくすと良いでしょう。また、同時に赤みのあるタイプや色素沈着するタイプで紹介した方法が有効。肌のターンオーバーが促進され、新しい皮膚組織をつくりやすい肌環境を整えることができます。

ニキビ跡の市販薬の選び方

市販薬には身体の内側からニキビ跡をサポートする「飲み薬」と、身体の外側からニキビ跡の改善をしてくれる「塗り薬」の2種類があります。

市販の飲み薬

ニキビ跡の改善が期待できるのは、シミ・そばかすに効果のある薬です。なかでも、ビタミンCとL-システインを配合している薬がおすすめ。この2つの成分には「メラニン色素の発生を抑える」「肌の新陳代謝を高める」「シミ・色素沈着を無色化する」などの効果があります。

市販の塗り薬

皮膚の新陳代謝を高めてくれる、「ビタミンE」が配合されているクリームを選びましょう。

医薬部外品であれば、メラニンの発生を抑制するうえ色素沈着の還元作用を持つ「ビタミンC誘導体」が配合されているクリームもおすすめです。

クリニックで処方される薬の種類

治りにくいニキビ跡に悩まされている人の中には、クリニックへ行きたいと考えている人も多いのではないでしょうか。クリニックで処方してもらえる薬は、たくさんの種類があります。

局所用抗ニキビ製剤(外用薬)

毛穴の角質を除き、肌のターンオーバーを正常化させる効果がある局所用抗ニキビ製剤。ニキビに直接塗ることで高い効果を期待できますが、赤みやかゆみを引き起こす恐れがあります。

美白剤(外用薬)

美白剤はニキビ跡のシミの原因となっているメラニン色素を抑える働きがあり、紫色や茶色のニキビ跡に効果を発揮するのが特徴です。

抗炎症剤(内服・外服薬)

肌の奥に残っている炎症を抑える、抗炎症剤。色素沈着やクレーターには効果がなく、赤くなったニキビ跡の治療で使用されます。

抗生物質(内服・外服薬)

抗生物質は、ニキビの原因となるアクネ菌の増殖を抑える目的で使用される薬です。ニキビ跡はとてもデリケートな状態なので、ニキビが再発しやすい患部の症状悪化を防ぐために処方されます。

クリニックで処方される薬一覧

実際にクリニックで処方してもらえる薬を紹介します。

ルリッド

ルリッドは細菌の繁殖を抑制することで、ニキビ跡の悪化を防ぐ錠剤タイプの抗生物質です。アクネ菌やブドウ菌に作用し、ニキビ跡の炎症を治してくれます。

ダラシンT

ブドウ菌やアクネ菌を抑える抗生物質を主成分とした外用薬の、ダラシンT。ニキビやニキビ跡の治療薬として有名で、皮膚科で処方される薬のなかでも人気があります。

クラリス

クラリスは細菌が増えるのを抑える作用を持つ、服用タイプの抗生物質です。さまざまな細菌に効果があるので、ニキビ跡だけではなく気管支炎や破傷風などの治療でも使用されています。

ベピオゲル

2015年に日本での処方が許可された新しい薬です。主成分のベンゾイルがニキビの原因菌を死滅させて、悪化を防止。古くなった角質を取り除いて肌の再生を促進する作用があるので、ニキビ跡の改善効果も期待できます。

デュアック配合ゲル

デュアック配合ゲルは赤ニキビを発症している人に処方される薬で、ニキビ跡の赤みに高い効果が期待できる外用薬です。細菌の増殖を抑制するクリンダマイシンと、角質を取り除く過酸化ベイゾルが配合されています。

ブルフェン

肌の奥に残っているニキビ跡のダメージを抑制する効果がある、ブルフェン。ニキビ跡以外にも、関節リウマチや神経痛などの治療でも利用されています。

トレチノイン

トレチノインはビタミンAの誘導体。生理活性はビタミンAの50~100とも言われ、ニキビ跡に効果のある成分として知られています。ターンオーバーを促し、色素沈着の原因となるメラニンを排出。ニキビができにくくなる効果もあります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれており、ニキビ跡に効果が期待できる薬品です。注意点として、皮膚科で処方されるハイドロキノンは濃度が高く副作用が出やすいので、使用するときは注意してください。

ニキビ跡を改善できる薬は数多くあります。自分に合った薬を見つけて、改善に努めることが大切です。とはいえ、数多くある薬の中から自分に合った薬を見つけるのは、時間と手間がかかってしまいます。その間に、ニキビ跡がどんどん悪化することも…。ニキビ跡を早く治したいのであれば、クリニックで施術を受けるのもひとつの方法かもしれません。症状を把握して、最適な治療方法を見つけてください。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法