サプリメントで効率よく摂取!ニキビ跡に効果的な栄養素リスト

ニキビ跡対策はスキンケアだけじゃない?
サプリメントで摂取したい栄養素についてまとめました。

ニキビ跡対策5 サプリメント

ニキビ跡対策をするうえで大切なのは「身体の内側」から改善すること。患部に直接働きかけるスキンケアも大切ですが、サプリメントを摂取して体内からニキビ跡に働きかけるのも効果的なんですよ。

ニキビ跡の原因に合わせて効果的な成分の入ったサプリメントをピックアップすれば、今まで消えなかった赤みだって改善できるかもしれません。

女性のイラスト

「ニキビ跡に効果的な栄養素を摂取すること」が目的なので、もちろん栄養素を普段の食事で補うのもアリです。「食生活を見直す時間がない!」「もっと手間をかけずにニキビ跡を消したい!」という人には、サプリメントでの対策ををおすすめします。

「栄養素を摂るだけで本当に改善できるの?」「スキンケアを頑張った方が手っ取り早そう」と思う人も中にはいらっしゃるでしょう。見た目が気になるニキビ跡ですから、外から手を加えていち早く治したいという気持ちは分かります。「消したい」と化粧水や乳液を塗りたくったり、「隠したい」とファンデーションを何層にも塗り重ねたりしていませんか?けれど、逆にそれらの行為が、ニキビ跡の炎症を悪化させる恐れがあるんです。

ニキビは、主に毛穴へ細菌が侵入したときの炎症によって起こります。その炎症が酷くなったり、肌のターンオーバーを乱したりすることで、肌に色素が沈着しニキビ跡として残るのです。そんなデリケートな状態の肌に、いろんな成分が配合されたスキンケア用品をつけたらどうなるか?答えは一目瞭然です。

正しいスキンケアの方法を知っているなら問題ありませんが、むやみやたらに複数の商品を試すのは避けた方が良いでしょう。時間はかかりますが、外からあれこれ手を加えるよりも体内から改善していく方がリスクは少ないです。

ニキビ跡改善に効く栄養素

ニキビ跡に効果的な栄養素の中でも、とくに摂取してほしいのは「ビタミン」です。3種のビタミンとその働きを解説します。サプリメントや食事で上手に摂りいれて行きましょう。

ビタミンB群(B2・B6)

主に「肌のターンオーバー」を整える役割をもった成分です。摂取することで、古くなった皮脂や角質を押し出すように新しい肌細胞を生成してくれます。ニキビ跡は、角質の詰まりや毛穴に忍び込んだ細菌によってニキビが悪化したもの。ターンオーバーさえ整えれば、今あるニキビ跡だらけの肌を生まれ変わらせることだって可能です。また、「皮脂バランス」もニキビ跡を左右する栄養素の1つ。ビタミンB群の中でも、ビタミンB2を摂取すると皮脂のバランスを保てるようになり、ニキビ自体ができにくくなります。

ビタミンC

ビタミンCは、皮脂のバランスをコントロールし、メラニンを抑える働きがあります。皮脂バランスに関してはビタミンB2同様、根本的なニキビの予防に。メラニンを抑える働きは、色素沈着が大きく影響する黒ずんだ赤いニキビ跡の改善に効果的です。

ビタミンE

強力な抗酸化作用のある栄養素です。人の身体は、激しい運動やストレス、睡眠不足、体調不良などによって免疫機能が下がると「活性酸素」が生成されます。活性酸素が増えすぎてしまうと、シミ・シワをはじめ肌トラブルの原因に。これは、活性酸素がもたらす「酸化」が原因です。ビタミンEを摂取すれば、活性酸素による酸化を抑えられるため安心ですよ。

そのほかの栄養素

ビタミン以外で肌のターンオーバーを促進する働きがあるのは「アミノ酸」「亜鉛」「乳酸菌」です。また、「ポリフェノール」もニキビ治療に効果的な栄養素なので覚えておきましょう。

アミノ酸

皮膚組織や筋肉を作るタンパク質の要素です。コラーゲンを作り出す働きもあるため、乾燥肌の人にぜひ摂取していただきたい栄養素。

亜鉛

絶対に不足させてはいけないほど、人間にとって欠かせない栄養素。体内で足りていない状態が続くと、ニキビ跡が治りにくくなってしまいます。ビタミンと一緒に摂取すると、吸収率がアップしますよ。

乳酸菌

ターンオーバーに影響する「腸内環境」を改善してくれる栄養素です。腸内環境が悪いと身体全体に不調が起こるほど、腸は大きな影響をもっています。便秘がちだという人は「ニキビ跡には関係ないから」と言わず、乳酸菌を積極的に摂取しましょう。

ポリフェノール

ビタミンEと同じく、抗酸化作用をもっています。色素沈着の原因となる活性酸素を分解してくれるので、黒ずんだ赤いニキビ跡や赤紫のニキビ跡に効果的です。

サプリメント摂取時の注意点

ニキビ跡の症状に合った適切な栄養素を摂取すれば、今まで消えなかった真っ赤なニキビ跡でも改善効果を期待できます。ただし、サプリメントの過剰摂取による「栄養素過多」には要注意!どんなに良い成分でも、摂りすぎると体調不良や病気を引き起こすことがあります。あくまでも、サプリメントは栄養摂取の補助的な役割として考えることが大切です。

もし「ニキビ跡の症状に合ったサプリメントを自分1人で選ぶのは不安」「適量が分からない」「悪化のリスクを少しでも防ぎたい」という人は、医療機関へ相談することをおすすめします。とくに、ニキビ跡の状態が深刻で肌がクレーター状態になっている人は、ちょっとした判断ミスで悪化させる可能性大。プロに相談してから選ぶのがベストですよ。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法