ニキビ跡と紫外線の関係性について

紫外線を浴びすぎるとニキビ跡ができる原因をまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

ニキビ跡対策8
紫外線

紫外線量のピークは夏ですが、実は他の季節でもそこまで大差がないくらい年中降り注いでいます。日常生活で受けた紫外線は、肌の内側に蓄積されてニキビの原因となったり、もともとニキビだったものがニキビ跡・シミになる原因に。

肌トラブルにつながる理由には2つのケースがあります。1つ目は紫外線から肌を守ってくれる「メラニン色素」が紫外線を浴びることにより過剰に発生してしまうことです。肌が荒れてしまっているときに紫外線を浴びてしまうと、荒れている部分をメラニン色素が紫外線から守ろうとして過剰に排出され、ターンオーバーが上手くできず、そのままニキビ跡に繋がってしまうのです。

女性のイラスト

とくに20代後半から30代の人は肌の再生機能であるターンオーバーの力が弱くなっていくので、特に注意が必要となります。

2つ目は体に体内に入り込んだ細菌を取り除く働きをする「活性化酸素」が大量発生してしまうことです。活性化酸素が増えすぎることで肌のバリア機能まで取り除いてしまい、肌の乾燥や肌荒れがひどくなってしまいます。結果、ニキビができてニキビ跡になってしまうのです。そうならないためにも、紫外線とニキビ跡の関係や正しい対処法を知っていく必要があります。

ニキビ跡と紫外線はどう関係があるの?

紫外線を長時間、大量に浴びるとニキビやニキビ跡、シミが増えてしまいます。主な原因は活性酸素の発生や紫外線のバリア機能へのアタック、皮膚にある物質であるスクワレンの酸化やニキビの原因となるアクネ菌の増殖、色素沈着です。

紫外線を浴びると活性酸素が発生。大量に活性酸素が発生した場合、皮膚がダメージを受けてしまいます。また、活性酸素によって酸化した皮脂が毛穴につまりやすくなり、ニキビの原因になるのです。

また、紫外線がバリア機能を攻撃することで、皮膚内の水分が減少。皮膚へ雑菌が侵入しやすくなります。結果、肌の潤いが保ちにくくなったり、ターンオーバーの乱れにつながったりするのです。

ほかにも紫外線はスクワレンを酸化させたり、アクネ菌を増殖させたりします。スクワレンが酸化すると、スクワレンの周りにある皮脂も連鎖的に酸化。ニキビの原因となります。アクネ菌はポルフィリンという毒素を排出。ニキビの炎症も起こりやすくなります。

紫外線はメラニンの合成も促進するため、色素沈着が進行。ニキビ跡が残りやすくなってしまうのです。ニキビ跡を悪化させないためにも、紫外線対策をしっかりとしましょう。

紫外線の種類とそれぞれの対策法って?

ニキビ跡ができる主な紫外線の種類は「A波」「B波」の2つです。ここではその2つの紫外線の特徴を紹介していきます。

体内に影響を与えるA波

A波にはガラスや布までをも突き通して肌へとダメージを与える特徴があるため、日常的に避けることは難しい紫外線です。A波は肌のコラーゲンを破壊し、肌の奥まで浸透してジワジワと肌に影響を与えます。これらの影響が体内に溜まることでシワやたるみ、ニキビへの原因となるのです。

A波を防ぐ対策としては「日焼け止めを塗る」「食事に気を配る」の2つです。日焼け止めは「PA」と書かれていて、なおかつ数字の大きい物が効果的。食事に関してはビタミンCが含まれているピーマンやブロッコリーを取り、肌のターンオーバーのサイクルを上手く回していくと◎。

肌の表面に直接影響するB波

B波は肌の表面で吸収する紫外線です。肌の表面を傷つけることでターンオーバーの機能性がさがってしまい、その結果、ニキビを悪化させニキビ跡ができやすくなるのです。また肌がB波を浴びると「攻撃されている」と認識して、肌を守ろうと角質を厚くします。すると毛穴詰まりが起き、またニキビができるという悪循環に…。

B波を防ぐ方法としては「日傘を使う」「日焼け止めを塗る」です。A波とは違いガラスや布を突き通してくることはないので、日傘を使って避けていきましょう。日焼け止めに関しては「SPF」と書かれている日焼け止めを選ぶことで、よりB波を防ぐことができます。

A波もB波もそれぞれ肌へのダメージ・対処の違うため、外にいる時間や日差しの強さなどで判断して適切な日焼け止めを使い分けましょう。

日焼け止めの選び方と注意点

日焼け止めを選ぶ時は、「PA」と「SPF」と成分の両方を見て判断しましょう。「PA」はA波、「SPF」はB波をどれくらいブロックするかの効果を表したものです。PAは横の+の数でどれくらいA波をカットできるかがわかります。また、SPFの効果は横の数字の大きさで判断。何もしないときと比べて何倍B波をカットできるかがわかります。

紫外線をカットすることを考えると「PA」も「SPF」の値が高い日焼け止めを選びたくなりますが、紫外線をブロックする製品であればあるほど肌に負担の大きい成分が含まれているもの。肌荒れやニキビ跡の悪化を未然に防ぐためにも、特に以下の成分が含有されている日焼け止めは気を付けましょう。

紫外線吸収剤(表示例:オキシベンゾン、パルソールA、プソラレンなど)

紫外線から肌を守ってくれますが、肌への負担が大きい成分。通常のメイク落としでは落としづらいという特徴があります。人によっては、アレルギー反応が出てしまい肌が余計に荒れてしまうこともあるので注意しましょう。

ナノ粒子(表示例:酸化チタン、酸化亜鉛など)

日焼け止めの塗り心地をよくするためによく使用されている成分。粒子がとても細かく肌に浸透しやすいという特徴がありますが、肌の奥まで浸透しすぎてしまい、刺激によって肌にストレスを与える原因になります。

ニキビ跡ができた時は市販の薬?クリニックで治療?

どんなに紫外線対策をしていても「痒くて潰してしまった」「元々ニキビが悪性だった」などニキビ跡ができる原因は多く存在しています。

でも原因はどうであれ、女性なら顔にできたニキビは「今すぐ治したい!」と思う方が多いはず。そんなときに市販の薬へ手を伸ばしていませんか?市販薬は手軽に購入が出来ますが、万が一肌に合わない薬を使用してしまった場合、ニキビ跡だけではなく肌荒れを悪化させてしまう可能性だってあるのです。

自己判断で誤った治療をするよりも病院・クリニックを利用してニキビ跡を失くしてもらう方が、安全かつ確実。弱い酸性の液を使って古い角質を浮かす「ピーリング治療」、肌の上から照射する「レーザー治療」、赤みや色素沈着に効果がある「光・高周波治療」など、今は充実した治療がたくさんあります。

自分の予算やニキビ跡の状況に合った治療ができるので、確実にニキビ跡を消したいと思うのなら病院・クリニックで治療をすることをおすすめします。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法