ニキビ跡を針で治療する方法を解説!

自然な治癒力を利用する針治療は、肌質に関係なく治療が可能で
「赤み」「色素沈着」に効果抜群の治療方法です。

真皮を意図的に傷付け再生を図る治療法 針で治療する方法

超極細の針を真皮に刺しお肌に傷付けて新しい皮膚を再生させ、
古い皮膚との入れ替りを起こさせる治療方法です。また、細かな穴が
開いている間に有効成分を届け、皮膚が再生する過程で促される
コラーゲン繊維の増加を利用して、クレーターなどの凹凸を治療します。
あらゆる肌質の人が拒否反応なく受けられる利点もあります。

ニキビ跡を針で治療する方法とは?

皮膚構造を断面-治療範囲

ローラーなどの表面に極微細の針を付けてニキビ跡の上を圧迫し、意図的に真皮層を傷付けます。皮膚にできた穴は1時間から2時間で埋まり、その後もお肌全体が元通りに回復しようとしますが、その回復過程で促されるコラーゲン繊維の増加を利用して、ニキビ跡の凸凹を平らにする治療法です。
特に赤みや色素沈着にも効果があります。
針を使うので痛みはありますが、比較的浅い部分にしか針が届かないので、気にならないほどの痛みしかありません。
しかし、浅い部分にしか針が届かない分、根深いニキビ跡の治療には限界があります。
手術後には、多少の赤みを帯びたり出血も起きますが、数日立てば元に戻ります。

針で治療できるニキビ跡の種類

  • 赤み
  • 色素沈着
  • クレーター

針のメリット・デメリット

メリット

コストが安く治療を受けられる手軽さが特長です。
針での治療なので危険そうに感じますが、意外と安全性も高く、レーザー治療を受けた後の皮膚でも治療が可能です。強い副作用も心配ありません。
自然な治癒力を使った治療なので、治療効果も長い時間持続します。
あらゆる肌質の方に向いている治療法だと言えます。

デメリット

細かい針を肌に指すので若干の痛みがあります。治療の直後は赤みと少しの出血も出る場合もあります。また、肌に作られた穴から水分が蒸発してしまうので、乾燥が気になる点もデメリットです。
超微細な針を使うので、レーザーよりもダメージが深くまで届かないので、症状によって効果は得られません。

おすすめ針治療の種類

ダーマローラー

クレーターも滑らかになる針治療

ダーマローラーはローラー部分についた数十から数百本もの極細針で肌を意図的に傷つけ、それを治そうとする肌の再生力を利用して美肌効果を得るという治療器具です。
ダーマローラーの針は肌の真皮層にまで達するので、肌の深いところにダメージを受けたことで生じるクレーター状のニキビ跡の改善も期待できます。ダーマローラーは市販されているのでセルフケアも可能。
ただし、セルフケアだと麻酔ができないので、多少の痛みは覚悟しなくてはいけません。

イントラセル

刺した針から熱を出すニキビ治療法

イントラセルは49本の極細針を皮膚の真皮層に打ち込み熱刺激を加える治療機器。熱により刺激された真皮層ではコラーゲンやエラスチンと言った肌のハリを回復する物質が増加します。
皮膚の深いところから肌のハリ・弾力が回復するので、真皮層にダメージが及んだことでクレーター状残ってしまったニキビ跡も改善。ニキビ跡だけでなく毛穴の開きやたるみにも効果が期待できるそうです。

GF(成長因子)のパック

針治療との併用で効果的なパック

肌細胞の生まれ変わりを促すGF(成長因子)がつまったパックです。これを注入すると、線維芽細胞の働きがスムーズになるので、ニキビ跡がキレイに再生することが期待できます。
GF(成長因子)のパックには傷の治りを早めたり痛みを鎮めたりする効果もあるため、単体で使うよりは他のより強力な施術法と組み合わせて使われることが多いようです。

DeAge(ディエイジ)

高周波と針を組み合わせた治療法

DeAge(ディエイジ)は肌に0.2㎜の極細ニードルを打ち込み、真皮層にRFエネルギーという高周波を直接照射する治療機器。真皮に熱が加わると皮膚の内側が傷つくことになり、身体の再生能力が活発化します。この再生能力によって肌が内側から引き締まり、クレーター状ニキビ跡のへこみを改善できるのです。
[ DeAgeのメリットは針を差し込んで熱を伝えるため、肌の表面を傷つけなくて済む点です。ニキビ跡以外にくすみやたるみにも効果があります。

針治療を受けた人の口コミ

陥没も目立たなくなった

陥没や色素沈着を起こしたニキビ跡を治療するために、クリニックにお世話になりました。治療法はダーマローラーです。ダーマローラーは痛いという噂もあり、実際、カウンセリングでも「痛いです」と言われたのですが、私の場合は、思ったほど痛くありませんでした。受付なども合わせて、トータルで1時間くらいかかりました。治療後2日ほどは、ひどい赤みがあり、化粧水もしみて痛かったです。3日目あたりから皮がはがれ始め、5日目には肌の色がワントーン明るくなりました。色素沈着はほとんど完治しています。陥没も目立たなくなり、治療をしてから新たなニキビはできていません。

別人のような肌に

鼻にニキビ跡があり、長くコンプレックスだったため、皮膚科で治療してもらうことにしました。ダーマローラーという機器を使うとのことでしたが、その時点で、私には初耳の機器でした。麻酔クリームを塗っていたからだと思いますが、針のローラーをコロコロ回しているのに、痛みはまったく感じません。気持ち良いほどでした。施術直後は、顔が真っ赤になりましたが、1日でおさまりました。3日目には、皮膚がポロポロとむけてきました。そして1週間後、別人の肌のように美しく生まれ変わりました。ツルツルして、頬がぷくっとした感じです。鼻のニキビ跡は、少し目立たなくなった程度ですが、まだ治療は4回あるので、それまでには治りそうな感じがします。

痛いけど想像以上の効果が

小学生のころ、大量にできたニキビをことごとく潰していました。それが今になってニキビ跡として残ってしまいました。長年コンプレックスだったので、美容外科での治療に踏み切りました。クリニックではイントラセルを始めとして、3種類の治療を並行。イントラセルは、正直激痛でした。麻酔クリームを塗ってもらったのですが、それでも激痛のあまり涙が出て、息が苦しくなりました。効果が出るのは3ヵ月後と聞いていたのですが、1ヵ月たった今、かなりの効果を感じています。クレーター状態だったニキビ跡は、1回の施術だけで、最終的に私が期待していた以上のレベルまで改善。激痛に耐えた甲斐がありました。

針治療を行っているおすすめクリニック

メディエススキンクリニック

美容皮膚科 メディエススキンクリニック

新型のダーマローラーやイントラセルなど、針治療の豊富な実績を誇るクリニック。

詳細はこちら

イセアクリニック

TOKYO ISEA CLIINC

ニキビ跡治療の選択肢にDeAge(ディエイジ )を取り入れている、人気のクリニック。

詳細はこちら

セオリークリニック

Theory クリニック

レーザーと平行してダーマローラーとGF(成長因子 )のパックに取り組んでいるクリニック。

詳細はこちら

五本木クリニック

五本木クリニック

数多いニキビ跡の治療方法の中、GRF(成長因子)治療を加えて治療の効果を高めているクリニック。

詳細はこちら

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法