フォトフェイシャルやサーマクールなどニキビ跡を光と高周波で治療する方法を解説!

フォトフェイシャルやサーマクールなど、特殊な光や高周波を用いたニキビ跡治療。
「赤み」や「色素沈着」の改善に効果がある最先端の治療方法です。

特殊な波長を持つ光と高周波を照射する治療法 光と高周波で治療する方法

フォトフェイシャルやサーマクールのように、特殊な波長を持つ光や高周波を照射し、ニキビ跡を薄くしていく治療方法です。どちらもトラブルや肌への負担も少ないため人気があります。両方の機能を併せ持った機器もあり、光でお肌の表面を温めた上で、高周波の性質を利用して治療を行います。光と高周波は、レーザーや針などと違って広い範囲を一度で施術できるので効率的です。

ニキビ跡を光と高周波で治療する方法とは?

皮膚構造を断面-治療範囲

光と高周波を利用した治療法は、赤みや色素沈着を改善に効果がある最先端の治療法になります。
光治療は、マイルドな光の波長を顔全体に照射する事でメラニン色素やヘモグロビンなどにダメージを与え、ニキビ跡だけではなくシミなどを解消する治療法です。
高周波治療は、熱エネルギーを肌の深部である真皮に届けてコラーゲン生成を活発化させ、ニキビ跡を治療する方法です。肌のハリやキメが向上する効果も得られます。
光治療と高周波治療は、両方とも肌へのダメージが少なく、ダウンタイムもないため、施術後すぐにメイクも可能になります。
施術の際にはパリパリとちょっとした刺激を感じますが、痛みも気にならないレベルなので、ニキビ跡治療の痛みが心配な人にもお勧めです。

光と高周波で治療できるニキビ跡の種類

  • 赤み
  • 色素沈着
  • ケロイド

光・高周波のメリット・デメリット

メリット

光治療と高周波治療は、お肌への負担も軽減されています。痛みもないし、ダウンタイムもほぼないので、治療当日からお化粧をして帰宅できます。
最近では、光治療と高周波治療が一緒になっている機器も出ていますが、二つの治療を一緒に行うことで、それぞれのエネルギーを低く抑えられるというメリットがあります。

デメリット

光と高周波の治療器を使うので、針治療や注射治療など単純な治療法と比較すると、どうしても患者の負担する料金も割高になります。
また、痛みが少なく、リスクも低いのですが、安全性が高い分だけクレーターなど重症のニキビ跡治療には向かないとされています。

おすすめ光と高周波治療の種類

サーマクール

高周波で真皮のコラーゲン繊維を回復

サーマクールは皮膚の深いところにある真皮に熱エネルギーを伝え、ニキビ跡やしわ、たるみなどを治療する医療機器。
レーザーの何倍ものエネルギーをもつ高周波を放射できます。サーマクールはその熱エネルギーで皮膚の深層にあるコラーゲンを活性化。肌を奥底から引き締めてくれるのです。クレーター状のニキビ跡もこの引き締め効果により改善が期待できます。
老化で肌のハリがなくなることで目立ってしまうへこんだようなニキビ跡にもおすすめ。冷却装置を併用しながら施術を行うことで、痛みや副作用の少ない治療が可能です。

フォトメド

ニキビ跡の赤みに効果的な光治療器

赤くなってしまったニキビ跡に効果が高いと言われるのがフォトメド。特殊なレーザーで赤みの原因であるヘモグロビンやメラニンに直接アプローチする治療器です。
ニキビ跡の赤みだけでなく毛細血管が拡張し過ぎてしまうことによる皮膚の赤みや赤ら顔にも効果を発揮します。照射時の痛みやダウンタイムは冷却装置を使いながら施術することで軽減可能です。

フォトフェイシャル

医師の評価も高い定番の治療器

IPLと呼ばれる特殊な光を照射することで、ニキビの赤みを治療する機器がフォトフェイシャルです。色に反応する性質があるので、ニキビ跡の赤みに悩んでいる方におすすめ。コラーゲン活性の働きがあるため美肌効果も期待できます。
医療機器として10年以上も使用され続けており、「ニキビ跡といえばフォトフェイシャル」と連想する医師も多いほど、ニキビ跡治療の定番治療器となっています。

クリアタッチ

波長の違う光を放つニキビ跡治療器

できてから半年以内のニキビ跡に高い効果を発揮するクリアタッチ。赤い色に吸収される性質を持つ660nmの赤色光がニキビ跡の赤みを改善してくれます。赤色光には抗炎症作用があり、ニキビの治りが早くなる効果も。
415nmの波長をもつ青色光も照射することができ、これはニキビの原因であるアクネ菌を抑制します。波長の違う2つの光がニキビの原因菌とニキビ跡の両方に働きかけてくれるのです。

トリニティプラス

光・赤外線・高周波で肌のお悩みを一挙解消

3種類のアプリケーターから照射される光・赤外線・高周波でニキビ跡やしわ、たるみなど複数の肌の悩みを一気に解消してくれる治療機器がトリニティプラスです。
赤みがかったニキビ跡に特に効果を発揮します。痛みやダウンタイムがほとんどなく、継続的に照射するとコラーゲン活性による美肌効果が期待できるのも魅力です。

ウルセラ

皮膚の深部にまで届く超音波エネルギー

超音波エネルギーで発生させた熱でたるみを治療するウルセラ。数ある治療機器のなかでも特に皮膚の深くまで治療することができる機器で、普通なら手術が必要な深さで生じている肌トラブルも改善できます。
基本的にはリフトアップのために使われる機器ですが、毛穴の引き締め効果や肌のハリをアップする効果があるため、結果的にニキビ跡を改善できるかもしれません。

フォトシルクプラス

幅広い波長の光で赤みがかったニキビを解消

フォトシルクプラスの照射する500~950nmの光はメラニンやヘモグロビン、水などに反応。赤みの沈着してしまったニキビ跡を解消してくれます。
また、メラニンに反応することでシミ・そばかす・くすみを改善し、ヘモグロビンに反応することで毛細血管の拡張や赤ら顔を改善。水に反応することでコラーゲン増生による肌の若返り効果も期待できます。ニキビ跡だけでなくさまざまな肌のお悩みに応えてくれる治療機器です。

ポラリス

皮膚深層のコラーゲンを増生してニキビ跡を治療

ポラリスはニキビそのものにもニキビ跡にも改善効果を発揮する治療機器です。電気的エネルギーを皮膚の深いところまで届けることでコラーゲンを増生。肌のハリをよみがえらせてクレーター状にへこんでしまったニキビ跡を改善してくれます。
麻酔の必要がなくダウンタイムもほとんどありません。施術は10分ほどで完了し、その日のうちに洗顔・メイクができます。手軽にニキビ跡治療に臨めるのが嬉しいですね。

光・高周波治療を受けた人の口コミ

肌が平らになった

中学生のころ、ニキビができるたびに指で潰していたために、ニキビ跡となって残り、いつの間にか凸凹の肌になってしまいました。きれいな肌にあこがれて、クリニックで治療してもらうことに決めました。私が受けたのは、フォトRFオーラという治療法です。光と高周波のエネルギーで、コラーゲンを生成させ、ニキビ跡を薄くするというものなのですが、まさにその通りになりました。ニキビ跡が完全に除去できたわけではありませんが、あんなに深かった肌の凸凹が、よくここまで平らになったなと感心しています。

痛みのない治療で綺麗に

ニキビ跡、肌荒れ、脂っぽさなどで悩んでいました。自分ではどうにもできなかったので、クリニックでRFとケミカルピーリングの治療をしてもらうことにしました。施術する人にもよるのかもしれませんが、私の担当者はとても丁寧に施術してくれたので、気になるほどの痛みはありませんでした。治療後は、ビタミン剤や専用の石鹸・メイク落としなどを購入し、使用しています。学生なので経済的に厳しく、治療の回数は少なめだったのですが、それでも治療前と比べると、明らかに顔のクレーターがキレイに消えました。

長年の悩みを解決

長年のコンプレックスだったニキビ跡を治すために、美容外科でクリアタッチによる治療を受けました。どんなニキビでも治してしまうという医師の説明に納得し、この方法を選びました。治療中の痛みはありません。温かさを感じるだけです。10分程度で治療は終了。鏡を見ると、気持ちの問題かもしれませんが、とてもきれいな肌になったように思いました。この治療を1週間に1度、合計10回行ったのですが、その結果、肌がとてもツルツルになり、ニキビ跡もほとんどなくなって、おまけに美白になりました!顔の皮膚が完全に生まれ変わったようです。

光と高周波治療のギモンに答えるQ&A

光治療はレーザーとどう違う?

光治療とレーザー治療の違いは「照射時間」と「波長」。光治療はミリ秒単位の照射時間で使用することが多く、ナノ秒単位で照射するレーザーよりも緩やかに威力を発揮します。皮膚の浅い部分にある色素沈着には照射時間が長い光治療の方が有効です。また、光治療はレーザー治療よりも幅広い波長の光を照射することができ、ニキビ跡以外にも毛穴の開きやシミ、小じわなどのさまざまな肌の悩みを解消してくれます。

フォトフェイシャルの治療の流れは?

まずはフォトフェイシャルが最適な治療法なのか確認のためにカウンセリングが行なわれます。施術を受けることが決まったら洗顔。メイクを落とし、肌を清潔な状態にしたらアイマスクを着用します。フォトフェイシャルの照射する光で目を痛めないようにするためです。さらに肌への影響を緩やかにする冷却ジェルを塗布します。ジェルの上から光線を照射したらフォトフェイシャルは完了。ジェルをふき取り洗顔します。ダウンタイムがほとんどないため施術直後から洗顔とメイクが可能です。

治療中は痛みがある?

光治療と高周波治療の施術中、ピリピリと静電気を受けたような刺激を感じることがあります。比較的痛みの少ない治療法ではありますが、なかには施術中に耐えられなくなる人もいるそうです。施術を担当する医師の技量や使用する治療機器、光の波長によっても痛みが変わると言われています。光治療に痛みがあるかどうかは一概には言えないので、施術前に担当医に相談してみましょう。

何回受ければ効果がでる?

光治療の場合、5回ほど施術を行うと効果が実感できるようです。高周波によるニキビ跡治療も複数回の施術をする必要があります。レーザーに比べて幅広い肌トラブルに効果がある分、ニキビ跡に対するピンポイントの即効性はそれほど高くないようです。
1回でも高い効果が得られるレーザーと比べると、何度も通院しなければならず治療に時間がかかってしまうのはデメリットと言えるかも。

治療を受けた後に気を付けることはある?

光治療や高周波治療はダウンタイムがほとんどなく、治療直後から洗顔やメイクが可能。日常生活を送る分には特に問題はありません。ただし、施術後は紫外線による日焼けをしないよう警告しているクリニックが多いことから、紫外線に当たり過ぎないよう気を付けた方がよさそうです。どうしても日に当たるのが避けられない生活をしている方は施術をしてくれたクリニックに相談してみましょう。

光と高周波治療を行っているおすすめクリニック

シロノクリニック

SHIRONOCLINIC

クリアタッチとサーマクールで光と高周波治療を提供する、メディアで有名なクリニック。

詳細はこちら

メディアージュ

MEDIAGE

ニキビ跡治療に定番のフォトフェイシャル中心で、自己治癒力を引き出して治療を行うクリニック。

詳細はこちら

タカミクリニック

タカミクリニック

ニキビ跡の赤みと色素沈着に効くフォトメドで、結果重視のニキビ跡治療を行なっているクリニック。

詳細はこちら

メディエススキンクリニック

メディエススキンクリニック

キメが整った透明感のある肌になると人気のフォトメディカルを利用し、治療するクリニック。

詳細はこちら

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法