最小のエネルギーニキビ跡を治療するエルビウムYagレーザー

レーザーのスポットサイズを選べ、
治療部位を的確に照射できるエルビウムYagレーザーについて徹底調査!

綺麗に治す!おすすめのニキビ跡治療レーザー

エルビウムYagレーザー

凹凸のクレーターなど重度のニキビ跡も治せる

お肌の水分に効率良く吸収されるレーザーなので、真皮層(お肌の深部 )に深くピンポイントで届きます。ニキビ跡周辺の正常な皮膚を温存しながら、凹凸のクレーターの原因となっている真皮層を、ピンポイントで効率良く治療できます。

波長:2940nm

主な仕様

  • 波長 2940nm
  • パルス幅 1・2・3・4・5・6mm

特徴

高い治療効果がありながら、ダウンタイムも短い
  • ダウンタイム 2日~3日間
  • 赤 み 数日間

エルビウムYagレーザーは、ダウンタイムがほとんどない安全性の高い機器です。細胞内の水分に効率良く吸収されるという特性があります。肌の水分に吸収されると発熱が少なくなるので、患部周辺の正常な皮膚を熱で傷付ける心配がありません。

スポット径が1~6mmと幅広く、患部の範囲に合わせて的確かつ迅速な治療をすることができます。レーザー照射時の痛みが少ないので、麻酔なしで施術することが可能。凝固層ができないため傷の治りが早く、キレイな肌へと導いてくれます。術後は赤みや一時的な色素沈着、小さなかさぶたが出る程度なので、治療を続けやすいのも魅力です。

メリット

患部周辺の正常な皮膚にダメージが少ない

エルビウムYagレーザーは、患部周辺の正常な皮膚に熱ダメージを与えにくいという特長があります。最小のエネルギーで最大の治療効果が期待できるので、ダウンタイムが数日と短くて済みます。

選べるレーザーのスポットサイズ

お肌の状態やニキビ跡の部位によって選択可能なスポット径が1,2,3,4,5,6mmと幅広くあります。小さい部位から広い範囲まで的確に迅速な治療ができます。

麻酔なしで施術を受けることができる

エルビウムYagレーザーは、熱の拡散が少なく強い痛みを感じることがないので、麻酔なしで施術することが可能です。治療後にヒリヒリとするような鈍い痛みを感じることがありますが、時間の経過と共に和らいでいきます。

デメリット

複数回のレーザー治療を受けなければいけない

治療後は患部に保護テープを張らなくてもいいほど、お肌のダメージが少ないレーザーです。ただ、その分だけレーザーの回数を増やさないと、高い効果が出ないというデメリットもあります。

治療後に小さなかさぶたが出てくる

エルビウムYagレーザーは、お肌の表面に対して点状にレーザーを当てるので、レーザーで開いた穴の部分には、治療後に細かく黒いかさぶたが出てきます。自分ではがすと、色素沈着の原因になります。

施術後に紫外線対策をする必要がある

施術後は肌がデリケートな状態なので、紫外線対策をしっかりと行なう必要があります。スキンケアを怠ると、肌に色素が沈着し、失敗したと感じてしまうことがあるので注意しましょう。

施術している病院

メディアージュ

青山院
住所 : 東京都渋谷区神宮前5-51-8 ラ・ポルト青山 7F
TEL : 0120-017-768

タカミクリニック

ニキビ治療センター
住所 : 東京都港区南青山3-18-20
松本ビル3F・4F・5F
TEL : 03-5414-6000

Theoryクリニック (セオリー)

住所 : 東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル 6F
TEL : 03-6228-6617

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら

  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法