ニキビ跡をピーリングで治療する方法を解説!

痛みを感じることなくニキビ跡をなんとかしたいあなたに。
手ごろな費用で効果がすぐ実感できる治療方法です。

角質を取り除き、きれいなお肌を取り戻す ピーリングで治療

お肌の表面から古い角質や表皮、毛穴の汚れなどを取り除き、肌周期を早めて肌の状態を若返らせる治療法です。お肌の状態によってピーリング液の濃度を調整し、治療を行う美肌治療のスタンダードとも言える治療法になります。
また、ヒアルロン酸などの分泌物が増加する効果もあり、
レーザーなど他の治療と組み合わせて治療することも多いです。

ニキビ跡をピーリングで治療する方法とは?

皮膚構造を断面-治療範囲

表皮の細胞が新しく生まれると、その層は徐々に表面に向かって浮かび上がってきます。最終的には角質になってはがれますが、そのサイクルをターンオーバーと言います。
しかし、ニキビの炎症などでターンオーバーが乱れると、古い角質が残ったり新しい細胞が生まれにくくなったりして、美しさが衰え始めます。
また、表皮の中にニキビ跡の色素が残ったまま浮かび上がってこないため、いつまでも綺麗にならないといったトラブルも出てきます。
ピーリングでは弱い酸などのピーリング液を使って古い角質などを取り除き、お肌の生まれ変わるペースを正常に戻す治療法が行われます。ただ、あくまでも皮膚の表面に働き掛ける治療法なので、真皮層に達したニキビ跡に対しては根本的な解決にならない場合がほとんどです。

ピーリングで治療できるニキビ跡の種類

  • 赤み
  • 色素沈着

ピーリングのメリット・デメリット

メリット

治療方法が単純なので、料金も安いというメリットがあります。
また、お肌の表面(角質層)にのみ薬剤で働き掛けるので、安全性の高さも実証されています。
痛みや治療後の炎症も少なく、回復も早いので、美肌実現のためのスタンダードな治療法だと言えます。

デメリット

ピーリング治療はあくまでもお肌の表面に働き掛ける治療法なので、真皮にまで届いたニキビ跡やクレーターなど、重症化した部分には根本的な解決策にはなりません。
また、ピーリングの直後は皮膚の表面が一掃されているので、一時的に乾燥やかゆみが出る場合もあります。

おすすめピーリング治療の種類

ケミカルピーリング

お肌の表面を酸で綺麗にする治療法

フルーツに含まれているグリコール酸や乳酸をもとにつくられた薬剤など弱酸の化学物質を顔に塗り、酸の力によって顔の表面についた古い角質や汚れを溶かす治療法。物理的な力で角質をはがしていく他のピーリング方法と違い比較的顔への刺激が少なく、薬剤の種類や濃度を調整することで肌への負担を軽減できるのが魅力です。
ケミカルピーリングで古い角質が取り除かれることにより、肌のターンオーバーが正常化。新しい皮膚へと生まれ変わっていくため、ニキビ跡や赤みが改善されます。また酸の力によってコラーゲンが生成されるため、ニキビのクレーターへの効果も期待できますよ。
刺激が少ないぶん1回で高い効果を得るのが難しく、2~4週間ごとに5~6回治療を受けるのが一般的です。主に使用される薬剤としてはグリコール酸(フルーツ酸(AHA))・サリチル酸マクロゴール・乳酸(ラクトピーリング)・トリクロロ酢酸が挙げられます。

グリコール酸(フルーツ酸(AHA))

リンゴやブドウなどのフルーツに含まれている酸で、「AHA」「フルーツ酸」などの名称で知られています。濃度の調整がしやすく刺激が少ないのが特徴です。

サリチル酸マクロゴール

角質剥離に有効な酸です。肌の奥までは浸透しないので血液中に薬剤が浸透する危険が少なく、副作用の心配がありません。角質をはがす力は強いので、1ヶ月に1回の施術でも十分な効果が得られます。

乳酸(ラクトピーリング)

天然乳酸を主線分とするピーリング剤。分子が大きいため皮膚の浅い部分にある角質層へ集中的に効果を発揮してくれるのが特徴です。保湿効果や美白効果などお肌に嬉しい相乗効果も魅力。

トリクロロ酢酸

ケミカルピーリングの中では最も強い刺激を持つ薬剤です。コラーゲンのある真皮層にまで働きかけることでコラーゲンの生成を促進。肌内部から皮膚の生まれ変わりを助けてくれます。

カーボンピーリング

光やレーザーを使うピーリング治療

レーザーピーリングの一種。ニキビ跡の凹凸や開いた毛穴に効果を発揮する治療法です。顔全体に微粒子のカーボンクリームを塗りこんだ後、弱い照射レベルでQスイッチYAGレーザーをあてると、カーボンの黒色にレーザーが反応することでカーボンクリームが蒸発。その時にカーボン粒子だけでなく、角質や角栓といったニキビの原因も一緒に除去できます。
また熱が加わることによって繊維芽細胞が刺激され、皮膚の内側からハリを与えるコラーゲンの生成が促されます。毛穴の引き締め効果やターンオーバーが促されることで新しい肌へ生まれ変わるお手伝いもしてくれる治療です。
レーザーを照射する際に輪ゴムで軽く弾いたようなバチバチという痛みを感じますが、強くはないので我慢できる程度でしょう。施術直後からメイクOKな、ダウンタイムのないニキビ跡治療です。

クリスタルピーリング

酸を使わない安全なピーリング治療

クリスタルピーリングは、肌のくすみやニキビを改善し、ハリを出すためのピーリング施術です。細かい粒子の酸化アルミニウム(アルミナ)を皮膚に吹きかけて吸引することで古い角層を除去します。
酸化アルミニウムという名前だけ見ると怖くなりますが、これは化粧品にも使われている結晶性の粉末です。水に溶けない性質のため、古い角層を削ったり毛穴の汚れを洗い落としたりするスクラブ剤の役目を果たします。すぐに吸引するので、安全性には問題ありません。
ただ、1回施術しただけでは効果を感じにくく、可能であれば6ヶ月~1年ほど継続して施術するのがおすすめ。長期的な施術を続けても、本来の肌を完全に取り戻すことはできず、肌の状態を改善することにのみ効果を発揮する施術ということを理解しておいてくださいね。

ウェットピーリング
(シルクピール、ダイヤモンドピーリング)

ピーリング機器を使用し美容液を肌に浸す

肌のくすみやざらつき、ニキビが気になる方に向いているのがウェットピーリングです。なかでも、毛穴の黒ずみは1回施術するだけでかなりの効果が得られる優れもの。
最新のダイヤモンドピーリングとして誕生した施術で、古い角層を取り除くのと同時に肌に栄養成分を浸透させることができます。
専用機器の先端はダイヤモンドヘッドになっていて、ダイヤモンドの粒子が角質をうまく削り、毛穴に詰まっている皮脂を吸引。肌が一度リセットされた瞬間に、美容効果のある成分を隅々まで浸透させます。そうすることで肌は本来のツヤと透明感を取り戻せるのです。美容液で肌が濡れた状態になることから、ウェットピーリングと呼ばれています。施術は10~15分で終わり、そのあとはダウンタイムもないため、安心して受けられるニキビ治療です。

ピーリング治療を受けた人の口コミ

化粧で隠せなくなったニキビ跡に

10年近く、ニキビ跡に悩まされてきました。生理前には新たなニキビができて、それが赤く残ってしまうこともあったので、治療を決意しました。ピーリングは多少痛みを感じましたが、事前に説明を受けていたので不快ではありませんでした。施術は1時間程度。雑談をしながら気楽に受けることができました。施術をはじめてから2週間、今のところニキビは出ていません。以前とは肌の様子が良くなっていることがハッキリと分かります。

自己流では治らなかったニキビ跡も改善

ニキビ跡がひどく、自己流で色々なものを試してみたのですが、どれもはっきりとした効果がなく、病院で治してもらうことにしました。施術方法はピーリングとイオン導入。カウンセリングで、自分に最もあった治療法を提案してもらいました。ピーリングは、まったく痛くありませんでした。施術時間は1時間ほどだったと思います。施術から2日後、肌の色がワントーン明るくなっていることに気づきました。今まで経験したことのないほど、ツルツルです。ニキビ跡がなくなったわけではありませんが、肌の色や状態が良くなったために、以前よりもだいぶ目立たなくなりました。とてもうれしいです。

ピーリングを受けて本当に良かった

中学生のころからニキビに悩まされていました。皮膚科にも行ったのですが、治療効果はありませんでした。化粧水などスキンケアを工夫しても、一向に治らず、改めて別のクリニックへ。そこではケミカルピーリングを勧められました。初めてのピーリングをしましたが、多少肌表面がピリピリする程度で大きな痛みもなく、全行程で1時間30分程度でした。施術を受けて2週間が経ったころ、自分の肌の状態に驚きました。顔中にたくさんあったニキビが、2つほどに減っていたのです!肌もツルツルになり、昔のニキビ跡もかなり薄くなりました。日に日に症状が良くなっているので、今では毎日鏡を見るのが楽しみなくらいです。ピーリングを受けて、本当に良かったです。

ピーリングのギモンに答えるQ&A

ピーリングは肌に負担じゃないの?

ピーリングは治療後の炎症が起きにくく、回復も早いという特徴を持っており、肌の負担になることはまずありません。肌の表面にのみ薬剤で働きかけるため、安全性の高い施術です。ただし、皮脂や角質をあまりに多く溜め込んでしまっている人だと、それを取り除いたとき、毛穴と肌に負担がかかってしまう可能性があります。肌への負担が気になる方は専門知識をもった医師のいるクリニックでピーリングを受けるといいでしょう。

クレーター状のニキビ跡も治療できる?

ピーリングは肌の表面のみに薬剤でアプローチする施術なので、クレーター状になるほど悪化したニキビ跡には効果がほとんどありません。クレーター状に残るニキビ跡は、肌の真皮層までニキビが届いてしまうことによって生じるもの。これを改善するにはレーザーや高周波など、ピーリング以外の治療法を利用する必要があります。

ピーリングとゴマージュの違いは?

ピーリングとゴマージュはどちらも古い角質を取り除く角質ケアですが、使用する成分に違いがあります。ピーリングは「ピーリング成分」で古い角質を取り除きゴマージュは「植物成分」で角質を取り除くのです。ピーリング成分には弱い酸や角質を剥がす作用のある成分が含まれています。美肌に効く成分も配合されていることが多く、ニキビ跡がキレイになる以外に肌の若返りも期待できます。ゴマージュの植物成分とはハーブや植物種のことです。ピーリング成分だと肌荒れしてしまう方は試してみるといいかもしれませんね。

ピーリング治療にはダウンタイムがある?

治療に使用するピーリング剤によってダウンタイムの有無が変わります。刺激の弱い「グリコール酸ピーリング」や「サリチル酸ピーリング」にはほとんどダウンタイムがありません。強い効果を持つ「トリクロロ酢酸ピーリング」を使用した治療だと、施術後に肌の状態が不安定になるダウンタイムがあるようです。
ダウンタイムがないと言われるグリコール酸ピーリングやサリチル酸ピーリングによる施術を受けた際にも、念のため12時間ほどはメイクを控えた方がいいでしょう。

クリニックのピーリングは市販のピーリング剤とどう違う?

クリニックのピーリング剤と市販のものとでは配合されている成分に違いがあります。
クリニックのピーリング剤には乳酸やサリチル酸など、角質に作用するさまざまな成分が配合。クリニックは使用できる薬剤の幅が豊富なので、角質除去や美肌に効果的な成分をしっかりと盛り込めるのです。
市販のピーリング剤の多くはグリコール酸ピーリグ。石鹸や洗顔料にも含まれているグリコール酸を多めに配合したピーリング剤です。自宅でピーリングを行う場合は使用上の注意をよく読み、肌トラブルが起きたらすぐに使用を中止しましょう。

ニキビ跡が消えるまでに何回受ける必要がある?

ピーリングは10回程度受けると効果が実感できると言われています。ただし、ニキビ跡は他の悩みよりも改善に時間がかり、完治まで数年必要になることも。クリニックによってはピーリングと別のニキビ跡治療法を組み合わせているところがあります。そういったクリニックでなら比較的早期での改善が期待できるでしょう。
ピーリングのみで、しかも少ない施術回数でニキビ跡を完治させようとすると、どうしても刺激の強いピーリング剤を使わなくてはならないため、肌トラブルになりがち。どれくらいの期間でニキビ跡が治せるのか、もっと効率的な治療法がないのか気になる方は専門医に相談してみることをお勧めします。

ピーリング治療を行っているおすすめクリニック

五本木クリニック

五本木クリニック

良心的な価格でケミカルピーリング、カーボンピーリング、チタンピーリングに対応している。

詳細はこちら

セオリークリニック

Theory クリニック

レーザー治療に加え、グリコール酸ピーリング、カーボンピーリングなども取り入れている。

詳細はこちら

イセアクリニック

TOKYO ISEA CLINIC

さまざまなニキビ跡治療の選択肢の1つとして、グリコール酸ピーリングを行なっているクリニック。

詳細はこちら

シロノクリニック

SHIRONOCLINIC

薬剤が肌に合わない人でも安心して利用可能なクリスタルピーリングを行っているクリニック。

詳細はこちら

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法