凹凸肌にサヨナラ!クレーターを治すニキビ跡治療一覧

「ニキビを潰す」ことが原因でおこるクレーターを治すには?
ニキビ跡の原因と有効な治療方法を紹介しています。

ニキビ跡のタイプ3
クレーター

女性なら誰でも、赤ちゃんみたいなつるんとした肌に憧れるもの。ニキビの跡が消えず、ボコボコになってしまうのは、とても悲しいですよね。ブツブツとした凹凸のあるクレーター型のニキビ跡は、ニキビができたときの間違ったケア方法が原因です。

では、間違ったケア方法とはなんでしょうか。ニキビができた時に、ニキビを潰してしまうのは、もっともやってはいけないコト。ニキビを潰してしまうと、ニキビ内に溜まっている物質が皮膚内に広がり、炎症を悪化させてしまいます。

そうすると、皮膚の免疫機能が働いて、白血球が炎症を鎮めようとするのですが、その際に皮膚組織を破壊してしまうのです。

また、ニキビにいいからと洗顔をしすぎるのもNG。洗顔をしすぎると肌に必要な皮脂まで失ってしまい、それを補うために過剰な皮脂分泌を繰り返すことになります。また、洗顔のしすぎで新しい角質まで取り去ってしまうと、肌荒れの原因にもなります。

そもそもクレーターは、間違ったニキビの対処法によって破壊された真皮が、落ち込んでできます。間違った対処法さえしなければ、クレーターにはならないので、正しい対処法を覚えてしっかりと予防しましょう。

クレーターの種類

クレータータイプのニキビ跡には、深さやダメージの広さによって3つのタイプにわけられます。

毛包周囲瘢痕

毛穴の周囲が傷つき、開きっぱなしになったもの

浅斑状瘢痕

皮膚が薄い女性によくみられる、浅くて広いもの

深真皮瘢痕

皮膚の厚い男性に生じやすい、深くて広いもの

脂肪組織の萎縮

脂肪層が委縮し、その影響で皮膚も陥没したもの

アイスピックタイプ

幅が2㎜程度の円錐状にへこんだもの

ローリングタイプ

幅が4㎜以上でゆるやかに陥没したもの

ボックスカータイプ

へこみの底が平坦で、箱形に陥没したもの

自力で完治させるのは不可能に近いといわれている、クレーターや凹凸が目立つニキビ跡。浅い陥没ならば、ピーリング石けんやジェルなどで古い角質を取り除くといった自宅ケアで、目立たなくさせることもできます。

ただ、深い陥没の場合には、クリニックでの治療が必要です。

症状別効果がいいニキビ跡の治療方法

一般的には、ケミカルピーリングやレーザー照射、ヒアルロン酸注入といった治療方法がとられます。ここでいくつかレーザー照射の種類を紹介しましょう。

マックスピール

微粒子のカーボンを塗布して、赤外線レーザーを照射するピーリング方法。皮膚の角質や毛穴の汚れを除去して、ピーリングします。

炭酸ガス(Co2)レーザー

このレーザーは、水分に吸収されやすい波長の長いレーザー。しこり状のニキビ跡やアイスピック状の凹みに効果的で、そこに照射することで新たな細胞の生成を促し、クレーターの角を削って周囲に馴染ませる治療を行います。通常は1回の照射。

クールタッチレーザー

レーザーと一緒にマイナス30℃の冷却ガスを瞬間的に噴射する治療。真皮にレーザーが熱エネルギーを届けることでコラーゲンの生成を促して、クレーターを目立たなくさせます。

ゴワゴワ肌が、すっきりツル肌に♪

ずっとコンプレックスで、自信をなくして何ことにも積極的ではなかったです。母からの提案でクリニックに通ったらニキビ跡が徐々にきれいに消え、ゴワゴワだった肌の質感も変わりました!肌がキレイになって、気持ちも前向きになれました。

レーザー治療で凹凸だらけのミカン肌がなめらか肌に

自宅では治らないレベルのみかん肌で悩んでいました。クリニックでカウンセリングを受け、レーザー治療を開始!ガンコなニキビ跡も今では嘘みたいに、本当にきれいな美肌になりました!

クレーターのニキビ跡ができやすい人の特徴

クレーターニキビができやすい人には、以下の5つの特徴があると言われています。

  • ニキビができることで赤く炎症を起こしやすい人
  • 顔の皮膚が厚い方
  • 皮膚の新陳代謝が悪い方
  • ニキビ菌に対してアレルギー反応を持っている人
  • ニキビをつぶしてしまう癖がある人

以上に該当する方は、一般的にクレーターのニキビができやすいとされています。

その他のクレーターのニキビ跡を改善・治療する方法

皮膚科・クリニック
クレーターニキビで、もっとも効果が期待できるのが皮膚科での治療です。マックスピールやレーザーといった専門的な機器を使用することで、確実に、より綺麗にクレーター状のニキビを治療することができます。
ピーリング
天然成分や化学薬品を使用し、皮膚の古い角質を取り除く方法です。自宅で行うホームピーリングのほか、専門家に施術してもらう方法もあり、自身に適した方を選ぶといいでしょう。肌のごわつきやくすみの改善といった効果にも期待ができます。
ゴマージュ
ピーリングと似た方法になりますが、酸や薬品を使用せず、植物やハーブを使用し皮膚の角質をとります。ただし、凹凸が激しいニキビ跡に関しては改善が難しいといった面もあります。
メイク
改善方法とは異なるものの、余程大きなクレーターニキビではない限りはメイクでカモフラージュすることが可能です。炎症や化膿を起こしている場合には、薄めのメイクがベスト。コメドができにくいものやオーガニック製品を選ぶことも重要です。
総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法