毛穴の開きの改善に役立つ治療法を紹介!ニキビ跡治療まとめ

ニキビは治っても毛穴の開きが良くならず、悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
そんな開き毛穴の原因と治療法をご紹介します。

ニキビ跡のタイプ6
毛穴

ニキビ跡の毛穴が開いて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。原因として考えられるのが、毛穴の周囲に傷跡が残っているから。傷がついていることで毛穴の縮小機能が失われ、毛穴が開いた状態になっているのです。

毛穴の開きを治すためには、肌の表皮と真皮を改善する必要があります。肌に優しい洗顔料を使用することである程度ケアできますが、それだけだときちんと治らない可能性も…。

偏ったケアだけで改善を目指すのは難しいので、医師に相談して治療を受けるのもひとつの方法です。以前は改善すら難しかったニキビ跡ですが、現在はレーザー技術の向上により効果の高い治療が受けられます。毛穴の開きが気になる人は、一度専門クリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。

セルフケアで心がけたいこと

毛穴タイプのニキビ跡の写真と解説図

改善するのが難しいニキビ跡の毛穴の開きですが、セルフケアを徹底することで症状の悪化を防ぐことができます。

紫外線対策

紫外線は皮脂を酸化させる作用を持っているため、毛穴に詰まった皮脂が黒ずんで、毛穴を目立たせてしまいます。さらに皮脂の酸化が進むと「過酸化脂質」に変化するため、肌の新陳代謝が乱れやすくなります。

毛穴とその周辺の新陳代謝が乱れると角質が厚くなり、毛穴がさらに広がりやすくなります。また紫外線は肌の乾燥も招くため、せっかく保湿をしても紫外線の力によって乾燥肌が進んでしまうおそれもあります。

普段から紫外線には十分に注意し、直接日の光を浴びない、日焼け止めを使用する、外出先では日陰を選ぶようにするなど、工夫して紫外線から肌を守ることが大切です。

洗顔

洗顔をする際に大切なのが泡立ちです。泡をキメ細かくすることで毛穴の奥まで入り込み、汚れを吸い出します。ニキビ跡の毛穴の開きが気になるからといって、1日に何度も洗顔をするのはNG。何度も洗顔をすると必要な角質や潤いまで取り除いてしまうので、かえって逆効果になってしまいます。

乾燥予防

乾燥肌の方はもちろん、すべての肌質の方が注意しなければならないものが乾燥予防です。人間の肌は乾燥すると潤いを保つために皮脂を分泌するため、毛穴が開いたままになり、閉じにくくなってしまいます。

洗顔と保湿によって乾燥肌を予防するだけでも、毛穴が開きっぱなしになるのを防ぐことができるので、日々のスキンケアで積極的に保湿を行い、乾燥を予防したいところです。

毛穴は保湿や乾燥の有無に関わらず常に皮脂を分泌していますが、皮脂の分泌が正常に行われることが理想です。極端に乾燥した場所を避け、就寝中の乾燥しやすいコンディションにも注意すると、さらに毛穴対策に効果的です。

保湿

毛穴の開きを改善するためには、保湿がとても重要。肌が乾燥すると皮脂が過剰に分泌されて、毛穴を詰まらせてしまうからです。洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順番でケアを行うと、より高い保湿効果が期待できますよ。

食生活

食生活の乱れは、余分な皮脂を排出する原因になります。皮脂の分泌を正常に保つために、添加物や刺激物、脂肪分などを多く含んだ食品・飲み物などは摂り過ぎないようにしましょう。好きなものだけを食べたり、偏った食事が多かったりすると、毛穴の状態は一向に良くなりません。

ストレスを溜めない

過度なストレスを何度も受けると、脳の働きが鈍くなり交感神経やホルモンバラスが乱れてしまいます。その結果、代謝機能が低下して老廃物を上手く排出できず、毛穴が詰まってしまうのです。

アンチエイジング

毛穴の開きは年齢とともに目立つようになりますが、これは皮膚のたるみによるものです。

20代までは新陳代謝が活発であるために毛穴はあまり気にならないものですが、30代以降に毛穴が目立ってきた場合には、皮膚がたるんで下に落ち、それに合わせて毛穴も引っ張られている可能性があります。

皮膚の奥に存在する真皮では、肌の土台となるコラーゲンやエラスチンなどが生成されていますが、20代以降は徐々に生成能力が落ちていきます。

加齢とともに毛穴の広がりが目立つのは仕方がありませんが、コラーゲンやエラスチンなどの生成力を高める治療を受けたり、ヒアルロン酸を毛穴の気になる部分に注入することで改善することができます。

毛穴が目立つタイプのニキビ跡は意外と治りにくい

ニキビ跡の中には毛穴が目立つタイプもあります。肌のキメが乱れて見えるので、深い悩みにつながるといわれています。毛穴が目立ちやすい方はニキビ跡かもしれません。

ニキビ跡で毛穴が目立つ理由は、ニキビの炎症による瘢痕が毛穴を残したまま広がるからです。毛穴の周辺に瘢痕が広がることで収縮機能が失われます。これにより、毛穴が開いた状態になってしまうのです。ニキビ跡の治りやすさはタイプにより異なります。それぞれ原因が異なるからです。簡単に治りそうに見える毛穴が目立つタイプのニキビ跡ですが、実際に治すとなるとそれほど簡単ではありません。

毛穴が目立つタイプのニキビ跡の消し方

セルフケアで改善に取り組みたい方は、基本的なスキンケアを徹底しましょう。1日2回程度を目安に正しく洗顔をする、保湿を心がける、紫外線に気を付けるなどが重要なポイントとして挙げられます。肌の状態を整えることで、ニキビ跡は少しずつ改善していきます。ただし、劇的な改善は望みにくいので、毛穴の広がりが気になる方などは医療機関で相談してください。

医療機関で受けられる治療

少しでも毛穴を小さくしたいとお考えの方にオススメなのが医療機関の治療です。ただし、医療機関の治療をもってしても、すべての方で思い描いた結果を得られるわけではありません。この点に注意は必要ですが、セルフケアよりも良い結果を得られることは事実です。

毛穴が目立つタイプのニキビ跡で広く用いられているのがレーザー治療です。例えば、ダイオードレーザーは、

熱エネルギーにより毛穴周囲の真皮コラーゲンの収縮や創傷治癒の機転に新生・増生が生じ、開大毛穴が改善すると考えられています。

出典: 近畿大学医学部皮膚科小西奈津子:「女性が依頼(スキンケア専門)」での毛穴治療

あるいは、ニキビ瘢痕を主訴として来院した患者を対象に行ったCO2レーザーを使用したフラクショナルレーザー療法で次の結果が得られています。

主訴は前額部の痤瘡瘢痕と開大毛孔。スキンタイプJST-Ⅱ.照射3カ月後の評価では、痤瘡瘢痕とともに開大毛孔、Skin textureの改善もみられ、患者からの満足度も高かった。

出典:順天堂大学浦安病院皮膚科学教室須賀康:フラクショナルレーザー療法の実際;その基礎と応用について

以上などを見てわかる通り、レーザー治療は毛穴が目立つタイプのニキビ跡治療の有力な選択肢と考えられています。治りにくい毛穴でお悩みの方は、レーザー治療を受けられる医療機関で相談してみてはいかがでしょうか。

症状別効果がいいニキビ跡の治療方法

一刻も早く改善が必要な人は、クリニックで治療を受けましょう。専門医から指導や治療を受けることで、症状の悪化を防ぐことができます。クリニックで行っている一般的な治療方法をご紹介するので、参考にしてください。

アファームマルチプレックス

2種類のレーザーを同時に照射する、アファームマルチプレックス。1回の治療で、老化した皮膚の約20%を再構築して新しい皮膚へと入れ替えます。新しい組織をつくることで、毛穴の引き締めやニキビ跡に対して効果を発揮。痛みがほとんどなく、ダウンタイムも短い治療です。

パールフラクショナル

パールフラクショナルは、高出力のレーザーを真皮層まで安全に照射できるように設計されたレーザーです。レーザーが照射された部分は一瞬にして蒸散。これにより、「瘢痕組織」という皮膚が損傷を回復しようとする組織が入れ替わり、かつ皮膚の収縮作用で毛穴の開きも改善できます。

ダーマローラー

極細の針で肌に見えない小さな穴を無数に開ける、ダーマローラー。あえて傷をつけることによって、傷を治そうとする皮膚本来の力を引き出す治療法です。エラスチンやコラーゲンの生成を促すので、毛穴の開きの改善や肌のハリをよみがえらせてくれます。

カーボンピーリング

カーボンピーリングは古い角質や老廃物を除去し、肌を活性化させてキメの整った肌へと導く治療法です。超微粒子の黒いカーボンクリームを肌に塗り込み、レーザーを照射します。カーボンクリームは一瞬で蒸発。蒸発する熱エネルギーで、皮膚表層の古い角質をはがします。

サーマクール

サーマクールは、皮膚の表面を冷やしながらRF波と呼ばれる高周波を照射することで、コラーゲン組織の産生と増殖をうながし、皮膚のたるみを強力に引き締めます。数ヶ月かけて効果が現れるため、即効性はないものの、周囲に知られずに若返りや毛穴対策を行うことができます。

メスや針などを使わない安全な治療でもあり、傷跡や内出血の心配もないため、施術が手軽に受けられるのもポイントの一つです。

フラクセル

フラクセルは、レーザーを点状に照射して肌細胞を新しいものに入れ替える治療です。毛穴および肌への引き締め効果が期待でき、狭い場所への部分照射も可能なため、小鼻まわりなど狭い場所の毛穴の引き締めにも適しています。

毛穴、ニキビ跡、肌の凹凸などさまざまな悩みに対応し、一度の施術で10%から20%の皮膚を入れ替えることができます。

アファームマルチプレックスを受けてニキビが薄くなりました

高校時代からずっとニキビやニキビ跡に悩んでいたので、思い切ってアファームマルチプレックスを受けました。どのくらい痛みがあるのかわからなかったので不安でしたが、少しチクチクする程度だったので良かったです。施術を受けて一週間が経ちますが、少しだけニキビができにくくなった気がします。

ダウンタイムはあるが肌のキメが整ったのを実感

ニキビ跡のせいで毛穴が開いていたので、ダーマローラーを受けることを決意。施術当日は麻酔クリームを塗ったおかげで痛みはありませんでした。施術後はところどころ赤みを帯びましたが、肌のキメが整っているのを実感。この調子でツルツルの肌を手に入れます。

数ヶ月かけて毛穴を目立たなくしました

毛穴が大きく開いている肌がコンプレックスでしたが、サーマクールを使って肌の引き締めをしました。施術後すぐに効果が実感できませんでしたが、1ヶ月2ヶ月と経つにつれて肌がどんどんキレイになっていき、施術を受けてよかったと思いました。

ニキビ跡で広がった毛穴を撃退

ニキビ跡がぽっかりと広がっており、毛穴そのものが目立っていたので、美容皮膚科でレーザー治療を受けました。痛みはほとんどなく、多少の熱を感じた程度でとてもお肌が改善しました。毛穴は完全になくなったわけではなく、まだ多少目立つところはありますが、施術前に比べてだいぶ改善したように感じます。

陶器のようなすべすべお肌になれました

カーボンピーリングを受けました。ニキビ跡の治療は初めてだったのですが、レーザーの音に驚いたものの、痛みは全くなく一安心。治療後はあまり効果が分からなかったのですが、2日ほど経った頃にはすっかり綺麗になっているのが分かりました。毛穴もなく、陶器のようなお肌で、自分でもビックリするくらいです。

痛みは強いけれど効果もかなりの高さです

ニキビ跡がひどくて悩んでいたので、思い切ってパールフラクショナルを受けようと決心。痛みがあると聞いてはいましたが、想像以上の痛さでした。ですが、その分効果は高く、1回の治療でここまで変わるのかと驚くほどです。痛みはありますが、結果的には治療を受けて大正解だったと思います。

総合ランキング ニキビ跡治療クリニックランキングはこちら
  • 知っておこうニキビ跡の原因
  • 治療より大切かもしれない!ニキビ跡治療後のケア方法